木の飾り

引越しをする時には色々な手続きをしなければい

憂鬱な引っ越しをぶっとばせ!

木の飾り
引越しは”うつ”になるけど簡単にしたりラクする方法は? >> 引越しをする時には色々な手続きをしなければい
木の飾り

引越しをする時には色々な手続きをしなければい

引越しをする時には色々な手続きをしなければいけませんが、仕事を持っていると大変なのが市役所へ足を運んで行う手続きです。住民票を転入や転出などの手続きがあるので、少なくても二度は行かざるを得ません。

市役所は平日しか利用できないので、住み替え以外にもまた休みを取らなければならないといった羽目になります。

住み替えを始める前に相場を知る事は、かなり重要なことです。

だいたいこれくらいの値段だとあらかじめ予想しておけば、吹っ掛けられる場合も対処できます。ただ、年度末の多忙な時期につきましては、値段が高騰する場合が増えてきますので、余裕をもった予約をお勧めします。前日に移転の予約をキャンセルすることになり、転出業者へ連絡してみると、キャンセル料として、引越し代金の10%がかかりますとのことでした。かつて違う移転業者でキャンセルをしてしまった時は、サカイ引越センターをする前日でも引越し代金を丸々支払わなくてはいけなかったので、今回は想定よりも安く済んで、ほっと安心しました。家を移るということは面倒ですが、家に犬がいる方の場合は凄く大変になると思います。

どうしてかというと、引越し当日、犬が転出の際に目障りにならないように見張っておく事が必要だからです。

犬を転居先まで連れて、転出業者の車が到着する前に到着していなければなりません。移転を行う時の手続きの一つに、転出届を届けるということがあります。

しかし、これは現住所と新住所が違う市長村である場合です。同じ市町村の場合には、転居届の手続きが必要です。手続きを実施するタイミングは、引っ越しの2週間前や住み替え先が決定したらすぐなど、市町村によっても同じではないので、早めに確認をするのが確実です。

引っ越しの市価は、おおまかに決まっています。

A会社とB会社において、1.5倍も異なるというような事は存在しません。勿論、同等なサービス内容という事を前置きにしています。結論として、相場より安上がりだったりするのは、その日のトラックや作業員が空いていたりする場合です。転出は、自ら行う場合と業者に、頼む場合があります。

独り身だと、それほど荷物が多くないため、自分でやることができます。住み替え業者にお願いした時に、気づいたことは、荷下ろしにかかる時間がとても短いということでした。

準備に限らず、二人で作業すると全く違っているなと思いました。

転出の際、洋服が衣装ケースに入ったままですと持ち運ぶのが楽です。私のお勧めはというと透明でプラスチックの衣装ケースです。これは、中身が見えるので本当に役に立ちます。引っ越しを行うと、しばらく荷物がどこに何が入っているのか分からなくなったりもしますが、衣装ケースに入れておけば、そんな心配がなくなります。住み替えが上手いか下手かは、スケジュールに沿っているかどうかに左右します。

流れは、段取りとも表現されます。

この段取りが失敗すると、大幅に時間が押してしまう場合もあります。ただ、このような状態は、理屈一辺倒で作業するよりも経験がものを言うのかもしれません。引越しを実際に行うとなると、荷物のたくさん入ったダンボールをジャマにならない場所に運んだり、業者さんと一緒に家具や家電を運んだりと大忙しです。一定時間行っていると、手は赤くなってしまいます。

業者さんの手に目をやってみると、しっかりと軍手をはめています。業者さんに頼むにしても、自分用の軍手が必ず必要です。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 引越しは”うつ”になるけど簡単にしたりラクする方法は? All rights reserved.
木の飾り