木の飾り

部屋の住み替えにあたって、借家の場合

憂鬱な引っ越しをぶっとばせ!

木の飾り
引越しは”うつ”になるけど簡単にしたりラクする方法は? >> 部屋の住み替えにあたって、借家の場合
木の飾り

部屋の住み替えにあたって、借家の場合

部屋の住み替えにあたって、借家の場合には原状回復義務というものが生じます。

原状回復の義務というものは、家を借りていた時に傷つけた箇所や壊してしまった物などを住む前の状態に戻す為の費用を支払う義務で、通常であれば敷金からその分の費用を差し引かれて、残ったお金が手元に戻ってくるといった形になります。

姉が今住んでいるアパートから育った家の我が家に戻ってくることになりました。作業のため、私と母が、移動する前の日に引越の準備の手伝いに行きました。10年住んでいた部屋に見合うだけ、不用品の数が大変な事になっていました。

実家に持っていかないものを売ってしまうと、軽トラの荷台の約半分になり、さほど苦労せず引越ができました。

引越で明け渡す方の部屋を出て行く際に金銭的なトラブルに発展する場合があります。

明け渡し時にどのような費用が必要になる場合があるのか、弁償にいたる場合とはどのような場合かなど部屋を借りる以前にしっかりと事前確認しましょう。

また、納得がいかないのに請求をされたときは、支払い義務のない費用が含まれている場合もあるので、大切なことは、正しい知識を持つことです。

住み替えには、ダンボールに荷物を梱包していく作業は面倒くさくても欠かせないことです。

ひとつコツをいえば、重いもの、壊れやすいものは小さなダンボールに、軽くてかさばるものは大きなダンボールに入れるという基本的なことです。

また、荷物を詰めたダンボールには服や本という品名だけでなく、運んで欲しい部屋もわかるように書いておくと引越しのときに、自分も業者も助かるはずです。

引っ越しの際に重要な点は、傷つきやすい物を厳重に梱包するという点です。

電化製品で箱がついてるなら、問題ないです。

しかし、箱を捨ててしまったとしても多いと推測します。そんな場合は、引っ越し業の方に荷造りしてもらうと問題なしです。

転出会社に依頼をしました。

住み替え業務に慣れたプロにお願いした方が、確かだと思ったのです。

けれども、家具に傷を作られました。

このような傷が付せられたら、保障はそつなくしてくれるのでしょうか。泣き寝入り無しに、しっかりと償わせます。

引っ越しをプロに依頼する場合、布団は一体どうしたらいいの?と思う方もいると思いますが、これはもっと早くに確認するべきでしょう。

大体の場合、プロは移転当日、オリジナル布団袋を用意してくれ、これに入れて汚れがつかないように移転先まで持って行ってくれます。新しいわが家に移転した際には、お隣さんに挨拶しに行きました。ささやかながらお菓子を購入し、のしを貼らぬまま渡しました。初の経験であった為、少し緊張を感じましたが、マイホームというとこの先ずっと住み続ける場所なので、お隣の家とは、仲良く気持ちのよい生活していきたいと思ってご挨拶に行って来たのです。

引っ越しの時には様々な手続きが必要ですが、仕事をしている場合に特に大変なのが市役所に行ってからの手続きです。

住民票の転出と転入の手続きがあるので、少なくとも二回は行かなくてはなりません。

平日しか市役所は開いていないので、引越し当日以外にもさらに休みをわざわざ取らないといけないといったことになります。

引越しをして、使い古したテレビを思いきって処分し、新製品の大画面テレビを設置しました。

新居のリビングはすごく広いので、大画面で綺麗な画像で、テレビが楽しめればいいと思ったからです。

新しいテレビを置くだけで、リビングが生まれ変わって、華やかな空間になって大満足です。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 引越しは”うつ”になるけど簡単にしたりラクする方法は? All rights reserved.
木の飾り